研究紹介

概略

本研究室は,生産加工における現象そのもののみならず,生産の自動化,高精 度化を実現するための生産システム全体を研究の対象としています。

研究分野は基礎となる様々な加工現象の解明、数値解析や自動制御の理論とそ れに基づくソフトウェアの開発,さらにソフトウェアとハードウェアの一体化 による機械のメカトロ化,知能化、CAD/CAMシステムやロボットのコントロー ルなども含まれます。

代表的な研究課題

産業用ロボットによる3K作業の自動化

高齢化社会を迎えて,熟練作業者の減少する中,いわゆる「3K作業」の自動化 は,人間でなければできないとされている高度な作業が多く,依然として遅れ ています.当研究室ではCADシステムを用いて多関節産業用ロボットを知能化, ティーチングレス化し,その問題に対応しようとしています.

産業用ロボットってなあに?

塑性変形型ラピッドプロトタイピングの開発研究

現在,自動車の車体パネルや電気製品のケース等の金属製品の多くは金型を用 いたプレス加工で製造されています. しかし金型は大量生産には向いていま すが,試作品や多品種少量生産にはコスト,時間的に不向きです. そのため,試 作品や少量生産品は,多くの場合,熟練作業者による手作業に頼っています.
そこで本研究では,熟練工に頼っている手作業でのプレス加工をCADデータに基 づいて自動化を行うことを目的としています.

オープンソースCAMカーネル"Kodatuno"の開発

KodatunoはマルチプラットフォームなオープンソースCAMカーネルを目指し開発中のソフトウェアです。OSへの依存を極力減らすため、開発言語はC/C++、3D描画にOpenGL,IGESファイルを読み込んですべてNURBSで表現します。
本ソフトウェアの開発目的は、NURBS曲線/曲面に対する各種操作、演算関数を各種用意し、CAM開発者/研究者がこれら関数を組み合わせることによって、それぞれの目的に即したアプリケーションを構築することが可能となることです。
ぜひダウンロードして使ってみてください.そして一緒に開発しませんか?

ローラバニシング加工

ローラバニシング加工は自由回転するローラを工作物に押し付けて表面性状を向上させる表面仕上げ加工法を指します.本研究室では,このローラバニシング加工に関する加工特性と工具摩耗特性の解明を行っています.

ローラバニシング加工ってなぁに?

難削材の切削加工

「削りにくい材料」である難削材を対象とした旋削,エンドミル加工,ドリル加工などの切削加工において,切削加工時に生じている工具温度や切削抵抗から,その加工特性を評価するとともに,高能率で環境調和型の加工法ならびに工具形状の研究を行っています.


Man-Machine Lab. http://www-mm.hm.t.kanazawa-u.ac.jp/
Monday, 22-Apr-2013 20:51:17 JST
www-admin@mm.hm.t.kanazawa-u.ac.jp